眼のアンチエイジング

お電話はこちら 0120-280-964

グラッシュビスタ外用液剤0.03% 5ml

睫毛貧毛症とは?

睫毛貧毛症とは? 

睫毛貧毛症(しょうもうひんもうしょう)とは、睫毛(まつげ)の量や長さが不十分であったり、物足りなかったりすることです。

外用剤を使用して、まつげの長さ、濃さ、豊かさを改善します。

ただし、発毛可能な毛包が存在しない場合には、本来の効果が得られないことがあります。

 

 

グラッシュビスタは、日本人での臨床研究において、特発性睫毛貧毛症およびがん化学療法による睫毛貧毛症の成人患者を対象に、この薬を4ヶ月間使用した結果、約80%(106例中)の方にまつげに太さや長さ、濃さにおいて評価スケール(GEA-J)で1段階以上の改善が認められました。
※GEA-Jとは、日本人用画像数値化ガイド付き総合的まつ毛評価スケールです。

睫毛貧毛症とは?

グラッシュビスタは医薬品ですので、用法及び用量に準じた使用をしなければ副作用が生じますが、医師の指導のもとであれば安全で確実な効果をもたらします。
また、専用ブラシの大幅な改良によって従来のまつげ治療薬に比べて色素沈着などの副作用が格段に減少しています。

内容量5mlに専用ブラシが140本(片目に1本使用)付いていますので、容器1本で約2か月ご使用いただけます。

つけまつげや、まつげエクステンションは、まつげや周辺の組織に負担をかけているため、「まつげが切れる」「まつげが抜ける」、「人口接着剤による皮膚ダメージなど」が問題視されていますが、グラッシュビスタは安全に自分自身のまつげの状態を改善します。

▲TOPへ戻る

アスタリールACT

アスタリールACT「アスタキサンチン」、「トコトリエノール」、「ビタミンC」3つの成分があなたの健康をサポートします。

近年アスタキサンチンがビタミンEの約1,000倍、β-カロテンの約40倍もの強力な抗酸化作用があり、プロオキダントになりにくいこと、さらにその活性は細胞膜で発揮されることが見出され、近年、健康補助食品素材としての利用が活発になってきています。

3つの成分があなたを中からサポートします

植物由来の天然素材 アスタキサンチン

サケ、エビ、カニなど主に海洋生物に存在する赤い色素(カロテノイドの一種)で、パワー満点の注目の成分です。

トコトリエノール

パーム椰子などの限られた植物に、ごく微量にしか含まれない重要な成分(ビタミンEの一種)で、スーパービタミンEと呼ばれています。

安定化型ビタミンC (アスコルビン酸グルコシド)

水溶性ビタミンの代表格であるビタミンCは熱や胃酸に壊れやすいため、安定化型ビタミンC「アスコルビン酸グルコシド」として配合しています。

アスタキサンチンの効果について

  • パソコンなどの操作で低下する眼の調節力を改善します
  • 眼精疲労や肩こりの改善
  • 運動後の疲労軽減、回復効果
  • 体重の増加を抑えます
  • 悪玉コレステロールの酸化を抑えます(動脈硬化予防)
  • 血流の流れを良くします(冷え性改善)
  • 血糖値を低下させます
  • 美容効果
  • 日焼けによる色素沈着を抑制
  • アンチエイジング効果
  • シミ・シワへの期待

疾病に備え、健康で過ごせる時間をできるだけ永く保つ、予防医療の重要性が唱えられている時代に、注目されている天然素材が抗酸化物質アスタキサンチンです。
アスタキサンチンはトマトや人参に含まれるリコペン、β-カロテンと同じカロテノイドの一種で、エビ・カニ等の甲殻類の体内に蓄えられる赤い色素として知られています。
例えば、本来は白身の魚であるサケは、アスタキサンチンの赤い色素を持つオキアミやエビなどをエサにしているので、その色素が体内に蓄積して身が赤やピンクになります。サケは海を回遊し、産卵の時期に川を上りますが、その激しい運動による疲労やストレスを改善し、保護している源がアスタキサンチンです。
アスタキサンチンは老化の原因になる活性酸素を抑制する働きがあり、その抗酸化作用はビタミンEの約1,000倍といわれています。

アスタリールACT

アスタリールACTアスタキサンチン配合
栄養補助食品
内容量28.2g (約1か月分)
¥6,994(税込)

アスタリールACTは当院窓口で販売しております

▲TOPへ戻る

アスタリールとは

アスタリールACT

アスタリールとは

アスタリールRは富士化学工業が提供するヘマトコッカス藻由来のアスタキサンチン原料の製品名です。
健康補助食品をはじめ、化粧品、飲料などの用途に機能性素材として利用されています。
富士化学工業では、60年以上にわたって医薬品の開発から製造までを一貫して行い、その経験と実績を活かし、アスタリールRの製造においても医薬品GMP基準に準じた工程と品質管理体制を敷くことで、高い安全性を実現しています。
2010年1月には、アスタキサンチン業界では世界初となる、米国FDA(食品医薬局)のGRAS(Generally Recognized as Safe)※の認証を取得し、高い安全基準をクリアしています。

アスタキサンチンとは

美しく、健康で質の高い生活を応援する天然のチカラ
”アスタキサンチン”

アスタキサンチン アスタキサンチンはトマトのリコペンやニンジンのβカロテンなどと同じカロテノイドの一種である天然の赤色色素。自然界ではサケなどの水産生物に含まれ、わたしたちにとって古くから食経験のある成分です。サケは産卵時に生まれた川へ戻って来る母川回帰で知られています。川を遡る際には多大なエネルギーを必要としますが、エネルギーを作り出す一方で、ダメージの原因ともなる活性酸素が必ず発生します。そのダメージから身を守っているのがアスタキサンチンであると言われています。

アスタキサンチンの魅力

アスタキサンチン アスタキサンチンはトマトや人参に含まれるリコペン、β-カロテンと同じカロテノイドの一種で、エビ・カニ等の甲殻類の体内に蓄えられる赤い色素として知られています。アスタキサンチンは老化の原因になる活性酸素を抑制する働き(抗酸化作用)があり、ビタミンEの約1,000倍、β-カロテンの約40倍もの強力な抗酸化作用があり、プロオキダントになりにくいこと、さらにその活性は細胞膜で発揮されることが見出され、健康補助食品素材としての利用が活発になってきています。
疾病に備え、健康で過ごせる時間をできるだけ永く保つ予防医療の重要性が唱えられている現代、予防医療の分野で幅広い用途開発が期待されています。

アスタキサンチンで紫外線対策

紫外線 2011年4月5日に世界気象機関(WMO)は有害な紫外線から生物を保護するオゾン層が破壊され、北極の上空にできる「オゾンホール」の規模が今春、最大になったと発表しました。3月までのオゾン層破壊は、これまでの最大規模だった北極のオゾン層全体の約30%を上回る40%に達したということです。
強い紫外線は人間の健康に大きな影響を及ぼします。紫外線が10%強くなると、皮膚がんの確率が16%上昇するという研究データもあるようです。
また、紫外線を浴びると活性酸素が発生し、お肌や体の酸化が進みます。酸化が進むと老化も進み、シミだけに限らずいろいろなお肌トラブルの原因になります。いかに活性酸素を防ぐかが大切なポイントになってきます。この活性酸素を防ぐことを抗酸化(アンチエイジング)といい、アスタキサンチンは紫外線によって生じた活性酸素の除去に大きな力を発揮します。
アスタキサンチンは、紫外線の害から私達の身体を守る手助けをしてくれます。

アスタキサンチンを用いた研究
  • 眼精疲労軽減および予防効果
  • 筋肉疲労抑制、体脂肪蓄積抑制作用
  • シワ、弾力性、水分量の改善効果
  • 血圧上昇抑制効果
  • 総コレステロール値の上昇抑制効果
  • スポーツ視機能の改善効果
  • 運動選手の筋肉疲労抑制効果
  • 活性酸素を防ぐ抗酸化作用

▲TOPへ戻る

フリーダイヤル 0120-280-964 メールでのお問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-280-964メールでのお問い合わせはこちら
お電話はこちら 0120-280-964
眼の病気コラム 当ビル1Fのメガネ専門店 SeeBest 当ビル2Fのコンタクト専門店 SeeBestコンタクト