お電話はこちら 0120-280-964
2016.12.25

円錐角膜

円錐角膜とは、一般に思春期頃に発病し、25歳頃まで徐々に角膜が変形突出していく病気である。眼鏡では矯正視力が十分上がらないのでコンタクトレンズ(特にハードレンズ)を使っていくのがファーストチョイスの矯正治療であるのだが、最近の傾向として円錐角膜の患者さんが不十分な矯正しかされず、本人も我慢しているようなケースにお目にかかる。とくに軽い場合は使い捨てなどのコンタクトレンズが簡単に処方されていることが多く、本人も「これ以上、見えるようにはならないのだろう」と諦めていたり、最初に入れられたハードレンズが痛かったものだからそれに対する恐怖心からか、ハードレンズによる矯正をためらう人が見られる。何例か挙げてみよう。

 

以前、27歳の若者が受診した。昔ソフトレンズを使っていて途中から見えなくなったので使用を中止していた。しかし裸眼でもメガネでも視力がでないので当院を受診したのである。「これまでに円錐角膜という診断を受けたことがありますか?」という問いに、「コンタクトを某量販店付属の眼科に行ったところ、あなたは乱視が強いのでこれ以上視力が上がりません。」ただそれだけしか言われなかったそうです。これまでもいくつかのコンタクトレンズ屋さんの付属の眼科にかかったようだが、一度もそのような病名を言われなかったとか。あるところではハードを入れられたが痛いのですぐに中止していた。少しでも早く診断を受け、きちんとハードレンズを使うことができたらこの若者の人生も変わったかもしれません。

 

次は10数年の間ソフトレンズ・使い捨てレンズを使い続けていたAさん。これまでと同じように簡単な形だけのチェックをしてもらい量販店でレンズを購入したが、念のために他のところで視力を測り、そこで殆ど見えていないことに気付かされる。乱視用の使い捨てレンズなのに視力が上がっていない。そこで10数年ぶりに眼科専門医のところを訪れ、ここで初めて円錐角膜という診断を受けたのだ。今の視力は左右共0.3くらいで運転免許の更新などできるはずもないので改めてハードレンズをすることにした。当院を紹介され、円錐角膜用の特殊レンズを使い、0.9以上の視力を確保でき、本人も非常に喜ばれたのだが、この長い間、十分な視力がないまま過ごされたことは本人が知らなかったとはいえ、医師によって早く見つけられねばならない気の毒な症例であった。

 

33歳の男性  10年前にソフトレンズの経験あるも視力不良のため中止。その後放置。当時ハードレンズも試みたがあまりにも異物感が強く断念していた。右眼は、なんと8ジオプトリーもの乱視。左眼は5ジオプトリーの乱視である。ソフトレンズでは全く矯正できない。通常のハードコンタクトではレンズを弾き飛ばし、痛くて入れられないので特殊加工のハードコンタクトレンズにてテスト。幸いなことに2枚目のテストレンズで乱視が殆ど矯正でき、右眼の視力も1.0近くまで視力を出すことに成功した。本人の言では、異物感も以前テスト装用したレンズと全く異なり、非常に少ないとのことで喜んでくれた。ハードコンタクトは最初にあわせる技術に長けていない人にかかるともう二度と使いたくないような印象をもたれてしまう。せっかく視力がよく出るハードレンズがあるにもかかわらず断念して敢えて見にくいソフトレンズを使っている人が多く見られる。

 

ハードレンズの最大の特徴は、レンズの設計を一人ひとりの眼に合わせることができるということであるが、処方経験の浅い人が無理にレンズに眼を合わせようとすると必ず痛くなって失敗する。通常の球面ハードコンタクトでは限界があるのだ。円錐角膜の形はさまざまなので、選択するレンズの答えは一つだとは限らない。眼の状態に合わせて、いろいろカスタマイズすることにより、痛くないハードレンズが作られるのである。強度の円錐角膜でも対応できることもある。
最近ではレーシックなどレーザーを使用した近視矯正手術後に円錐角膜を発症する事が問題視されています。レーザーで削られ薄くなった角膜の中心が眼圧によって突出してくるのだ。もちろん削った角膜は元に戻せないため、角膜を硬くする「クロスリンキング」や角膜にリングを挿入し突っ張る「角膜リング」などの対処法が出てきているが、根本的な解決方法には至っていない。レーザー手術後の角膜に合わせる事ができるコンタクトレンズの種類は限られており、処方には卓越した技術と経験が必要である。

 

覚えておいていただきたいのは、円錐や強度乱視用の特別仕様のハードレンズであれば、かなりの重症な場合でも入れられるようになるという事。簡単に諦めずに、すぐに手術に走らないで、まずはカスタマイズされたレンズを試されるようおすすめします。

 

医師として、多くの人の見えていない時間が少しでも短くなるようにコンタクトレンズを入れられるようにする責任があると考えています。

 

円錐角膜の詳しいページはこちらへ

フリーダイヤル 0120-280-964 メールでのお問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-280-964メールでのお問い合わせはこちら
お電話はこちら 0120-280-964
眼の病気コラム 当ビル1Fのメガネ専門店 SeeBest 当ビル2Fのコンタクト専門店 SeeBestコンタクト